診療内容

診察内容一覧

内科

内科全般に対応。院長は東北大学医学部臨床准教授(老年医学分野)であり、70歳以上の高齢者の内科疾患=老年医学が専門です。

高齢者の場合、呼吸器、消化器、循環器と多岐に合併していることが多く、1つ1つの疾患ではなく、「ひと」として診ていくことが重要と考えます。
また、院長はかぜウイルスであるライノウイルスの研究で医学博士を取得。万病のもとといわれるかぜに対して真摯に向き合います。

呼吸器科

咳、痰、呼吸苦、などが対象。慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息を最も専門とします。

当院では常日頃からの対話と治療を重ねて、これら疾患の急性増悪を予防。呼吸機能検査、レントゲンなどがあります。

消化器科

胸焼け、腹痛、などが対象。当院には、胃内視鏡(経鼻・経口)、腹部超音波検査、レントゲン、などがあります。

胃健診の二次精査としての胃内視鏡、ピロリ菌の除菌療法も可能。

糖尿病科

当院ではHbA1cが即日判明するため、治療に対して大きな励みとなります。インスリンの自己注射の指導も行います。

糖尿病は認知症や循環器疾患、呼吸器疾患などの増悪因子であることから、日常からの糖尿病の管理を重要と考えています。

循環器科

動悸、胸痛、などが対象。当院には、心臓超音波検査、頸動脈超音波検査、24時間心電図、血圧脈波検査、などがあります。

アレルギー科

花粉症、喘息、などが対象。採血による原因の同定、抗アレルギー剤の処方にて、症状の改善を目指します。
アレルゲンの回避など、日常生活も指導します。

がん

院長は、がん薬物療法専門医として多種多様な症例をみてきました。その経験をもとに、診察します。

また、セカンドオピニオン※(要予約、電話か受付で確認)もご希望に応じて行います。(※セカンドオピニオンとは、現在の治療に対して、主治医とは別の医師の意見を聞く外来で、自費診療となります。)

禁煙外来

院長は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺がんの末期患者を担当してきました。
その経験から早期からの禁煙が重要といえます。

その他、心臓・血管疾患、がんなど、喫煙に由来する病気は数えきれません。禁煙治療をぜひ勧めます。一緒にがんばりましょう。

老年外来

高齢者を臓器別に対応するのに無理があります。したがって、全人的に対応できる医者が必要です。

「うちは心臓の専門だから、おなかは別の病院へ行ってくれ」と言われた経験はありませんか。

当院ではそういうことはありません。

院長は内科専門医として、あらゆる臓器別の経験を有しております。加えて、東北大学医学部老年医学分野の臨床准教授として、高齢者特有の問題にも対応できます。

悩みは抱えずに、何でも相談ください。

職員募集のお知らせ

電話でのお問合せはこちら

Copyright © 2015 原町ささき内科 All Rights Reserved.