病気の基礎知識

病気の基礎知識

呼吸器の病気

喘息

主に夜間・早朝に、ヒューヒューといった独特の呼吸音を呈する場合、喘息が疑われます。呼吸機能検査などで診断に至ります。吸入ステロイド/気管支拡張剤の吸入の合剤が治療の主流となります。身体のみならず精神的影響で喘息の増悪を伴うことがあるため、両方を診ていく必要があります。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

長年のたばこ喫煙歴の方が咳・痰を認める場合、この疾患の可能性が高いです。COPDは呼吸器疾患の枠を超えて、全身疾患とも言われます。呼吸器のみではなく、全身を診ていくことが重要です。詳細は院長・スタッフ紹介の項の「当院における全人的医療の試み」のスライドをご参照ください。

咳(咳嗽)

呼吸器外来受診の最多理由です。咳は、3週未満の急性咳嗽、3~8週の遷延性咳嗽、8週以上の慢性咳嗽とに分類されます。咳の種類は多様です。持続期間、原因によって治療が全く異なります。咳でお困りの場合は当院にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群

最近増えています。いびき、夜間の呼吸停止、日中の眠気、起床時の頭痛・だるさ、以上が1つでもあれば睡眠時無呼吸症候群を考慮します。終夜睡眠ポリグラフィーを自宅で行い、診断に至ります。

インフルエンザ

上気道炎症状(咳、痰、など)を伴わない、全身関節痛を主体とした高熱の場合は、この疾患を疑います。治療は内服、吸入、などがあります。特に呼吸器疾患の方がインフルエンザになった場合は、その疾患の増悪を認めることがあります。インフルエンザに対する日頃からの予防と、インフルエンザになった場合の考えうる手段を講じた増悪阻止が必要です。

肺炎

発熱とレントゲン写真の陰影があれば肺炎といえますが、その種類は多種多様となるため、種類に応じた治療が必要です。重症度を判断して、高次医療機関と連携をとることも重要となります。

消化器の病気

ヘリコバクターピロリ胃炎

慢性胃炎のうち、約8割がヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)を原因とします。ピロリ菌は胃の粘膜に生息する細菌です。胃潰瘍の原因にもなります。ピロリ菌の除菌療法により胃潰瘍の再発が抑制されることがわかっております。ピロリ菌の診断には内視鏡が必須となります。内視鏡および除菌療法は当院で可能です。

胃潰瘍

みぞおちの痛みを特徴とします。ピロリ菌、喫煙、非ステロイド系消炎鎮痛薬などが主な原因です。内視鏡により診断に至ります。

逆流性食道炎(胃食道逆流症)

胃液が食道に逆流することで生じる、胸焼けを呈します。高齢化や食生活の欧米化に伴い、増加傾向にあります。内視鏡により診断に至ります。

機能性ディスペプシア

腫瘍や潰瘍などがないにもかかわらず、みぞおちの痛みや膨満感などを呈し、著しく生活の質(QOL)が低下する疾患です。社会のストレス化に伴い、増加傾向にあります。

過敏性腸症候群

腫瘍や潰瘍などがないにもかかわらず、便秘や下痢、腹痛を繰り返す大腸の病気です。ストレスや精神の動揺が関連します。社会のストレス化に伴い、増加傾向にあります。

糖尿病・高脂血症・痛風について

糖尿病

ひとは膵臓から分泌されるインスリンにより血糖を調節しますが、糖尿病はこのインスリンの作用の不足により、血糖が高くなる病気です。5人に1人の割合で起こり、増加傾向にあります。経口血糖降下剤やインスリンによる治療を行います。医師との二人三脚でコントロールの改善や腎臓や目の合併症の進展抑制を行います。

高脂血症

血液中の脂質により、動脈硬化(動脈の壁が肥厚し、血管が詰まりやすくなること)を引き起こします。動脈硬化が進むと狭心症、脳梗塞などの血管の病気を引き起こすため、治療による脂質の低下を行います。

高尿酸血症

プリン体の最終代謝産物である尿酸の蓄積により痛風や腎機能低下を認めます。プリン体の摂取制限や、薬による尿酸の低下が重要です。

循環器・脳の病気

高血圧症

原因のない本態性高血圧症と、原因のある二次性高血圧症とに分かれます。当院では主に本態性高血圧症を診ており、二次性高血圧症は高次医療機関と連携して対応します。減塩(6~7g/日)、減量(BMI<25)の上、降圧剤を続けていきます。

狭心症

心臓は全身に血液を送ると同時に、自分自身を動かす筋肉(心筋といいます)にも血液を送っております。この血液の通り道を冠動脈といいますが、冠動脈が狭くなることで心筋に血液が届かなくなる状態を指します。締め付けられる胸痛(胸に机がのっかている感じ、など)を特徴とします。その予防のために、日ごろからの内服(抗血小板薬など)を行っていきます。

心房細動

心臓が細かく震え、まとまった収縮をしていない状態です。突然の動悸、胸痛を特徴とする急性(発作性)と、基礎疾患が背景にある慢性とに分かれます。原因や治療が多岐にわたるため、適切な医師の診断が必要となります。

閉塞性動脈硬化症

動脈硬化にもとづき、動脈の内腔が狭くなり、慢性の閉塞をきたした状態です。ひきづり歩行、痛み、蒼白を認めます。足関節上腕血圧比(ABI)が診断に有用です。動脈硬化(糖尿病など)がある方は予防が必要です。

脳梗塞後遺症

頭への血管が細くなり、片麻痺などを認める状態です。日ごろからの内服(抗血小板薬など)で再発予防が必要です。

アレルギーについて

すぎ花粉症

すぎ花粉を原因とする、鼻水、くしゃみ、鼻汁を認める状態です。2月から4月に認めます。すぎ花粉の回避(マスク・眼鏡の装用、コートについた花粉を玄関で落とす、など)が重要ですが、1月下旬から6月まで抗アレルギー剤の服用も必要となります。

通年性アレルギー

すぎ花粉症とほぼ同じ症状を呈します。ハウスダスト(ダニなど)が主な原因となります。寝室を日当たりのよい場所に変更する、床をフローリングに変更する、など、環境を変えることが重要です。

じんましん

皮膚に一時的な地図状の皮疹(膨疹といいます)やかゆみを認めます。膨疹は約2時間持続し、24時間以内に消退します。原因(アレルゲン)の除去とともに、薬物療法を行います。

食物アレルギー

食物摂取後、15~30分でじんましん、顔のむくみ、ぜんそく、腹痛などを認めます。子供は卵、牛乳、小麦が多く、大人は卵、魚類(サバ)、乳製品、小麦、そば、甲殻類、ピーナッツなどです。原因食物の除去とともに、内服が必要です。

高齢者の病気について

認知症

加齢に伴い、社会生活の遂行が困難なレベルにまで認知機能が低下した状態です。アルツハイマー型認知症が約50%と最多です。本人の当惑もさることながら、家族の不安も大きいのが実情です。医師と密に相談することが重要です。

骨粗しょう症

骨の強度が低下し、骨折の危険性が高まる疾患です。閉経によるエストロゲンの低下が関係するため、女性が男性に比べて多いのが特徴です。薬による骨密度の増強をはかるとともに、転倒の予防が重要です。

職員募集のお知らせ

電話でのお問合せはこちら

Copyright © 2015 原町ささき内科 All Rights Reserved.